文字サイズ

診療内容

サルベージ手術について

初回治療の際に手術ではなく根治的放射線化学療法を受けられる患者さんの約半数の方で、がんが完全に消えなかったり、一旦がんが消えた後に再発したりする場合があります。そのような方も、癌の遺残や再発が食道付近のみに限られている場合には、食道を切除することで、根治を目指せることがあります。このような手術はサルベージ手術と呼ばれていますが、高線量による根治的放射線化学療法後は、照射部位に放射線の影響が強く残り、手術後の合併症の発生率が高く、リスクの高い手術であることが知られています。
そのため、サルベージ手術を希望される場合は、リスクが高いことを十分ご理解いただく必要があります。
当科では、通常の食道癌手術同様に、胸腔鏡を用いた手術を基本術式としておりますが、癌が取り切れないと考えられる場合や、患者さんの体力を考慮して危険すぎると考えられる場合には、手術をおすすめしないと判断することもあります。


食道がんと言われたら

食道がんの治療実績

食道がんとは

食道がんの発生

食道がんの症状

食道がんの診断

食道がんの進行度

食道がんの治療

サルベージ手術について

胸腔鏡・腹腔鏡(手術支援ロボットを含む)を用いた内視鏡手術について

食道がんに対する臨床試験

page top