文字サイズ

消化管の病気Q&A

直腸がん

京都大学病院では直腸がんにロボット手術を行っていると聞きましたが、そのメリットは何ですか?

京都大学消化管外科では「患者さんに優しく、出血量の少なく、ていねいな手術」をモットーにしており、その代表が「腹腔鏡手術」です。我々の使用するロボット(da Vinci:動画をご覧ください)は腹腔鏡手術の利点を残しつつ、手術画像を3Dにしたり、手術器具の動きをよりスムースで繊細にできるようにつくられたものです。本邦では、いまだその評価は定まっていませんが、より細かい操作が行えるため、排尿、性機能などをつかさどる神経の温存や、肛門の温存がしやすくなる可能性があります。この手術方法に興味のある方は外来にて説明をしますのでおっしゃってください。


page top