文字サイズ

消化管の病気Q&A

疾患別でQ&Aを見る

  • 食道がん
  • 食道アカラシア
  • 胃がん

  • GIST
  • 大腸がん
  • 直腸がん

すべての疾患のQ&Aを表示しています。

わかりやすい説明を心がけます。何でもご質問ください。

続きを見る

病気だけを診るのではなく、患者さんひとりひとりが、社会や家庭で役割を持つかけがえのない存在であることを常に意識しつつ、診療に取り組んでいます…

続きを見る

どんな症状があったら大腸がんの疑いがありますか?

大腸がんは他のがんと同様、がんが小さい場合にはあまり症状がでません。進行してくると症状がでてきますが、それは大腸がんのできた場所によって異な…

続きを見る

食道アカラシアの治療はどのような治療がありますか?

食道の低下した機能を完全に回復させる治療は、現在まで開発されていません。 患者さんの全身状態や食道の状態を総合的に判断して治療法を選択します…

続きを見る

食道アカラシアはどんな症状がありますか?

食物がうまく胃内に入らず、食道内に停滞するために、つまり感を訴えることが多いです。病状が進行すると、たまった食物を嘔吐することもあります。 …

続きを見る

食道アカラシアはどんな病気ですか?

食べ物の通り道は、食道から胃へと続きます。正常であれば、食事の際に食道は蠕動といって食事をおくりだし、その動きと協調して胃の入り口の筋肉が弛…

続きを見る

食道がんを手術で切除してもらいましたが、「治った」と考えてよいのでしょうか?

食道がんが「治る」ということは、体の中からがん細胞が無くなってしまうことです。手術で肉眼的には完全に切除しきれていても、画像検査で見えない微…

続きを見る

食道がんの手術はどんな方法ですか?

右胸からの胸部操作、腹部操作、(頚部操作)によって、食道の病巣と転移の可能性のある食道周囲と胃周囲のリンパ節、場合によっては頚のリンパ節を切…

続きを見る

どんな症状があったら食道がんの疑いがありますか?

早期のものは多くの場合、無症状です。中には冷たいものを飲み込んだ際のしみる感じや胸焼け症状を訴えられる方もおられますが、実際には、早期のもの…

続きを見る

京都大学病院ではロボットを使って胃がんの手術もしていると聞きました。どんな手術なのでしょうか?メリットはあるのですか?

手術に使われるロボットは、ダ・ヴィンチと呼ばれるもので、手術をする医師がロボットを専用のマシンを使って操作します。腹腔鏡手術と同じくきずの小…

続きを見る

小さな胃がんなのに、胃を全部取ったほうがいいといわれました。どうしてがんの部分だけ取るのではいけないのでしょうか?

胃がんは、胃の周りのリンパ節に転移しやすいとされています。また、肉眼で見える胃がんの範囲を越えて、予想以上に胃がんが広がっていることもありま…

続きを見る

きずの小さな手術ができると聞いたのですが、どんな手術なのでしょうか?小さなきずからどうやって胃を取り出すのですか?

きずの小さな手術は「腹腔鏡手術」といわれています。胃がんの治療の場合、おなかに5-6か所、5-12mm程度の穴を開けます。おへそから細いカメ…

続きを見る

胃がんと診断されて、手術が必要と言われました。手術のほかにはどんな治療があるのでしょうか?

胃がんの治療方法には、①手術、②抗がん剤治療、③内視鏡治療、などがあります。内視鏡(胃カメラ)治療は、非常に早い段階の小さな胃がんだけが対象…

続きを見る

ストマ・人工肛門ってなんですか?

ストマとは人工肛門とも言いますが、最近はストマという呼びかたが一般的です。ストマは肛門が残せなかったり、何らかの理由で肛門が使えない方が便を…

続きを見る

京都大学病院では直腸がんにロボット手術を行っていると聞きましたが、そのメリットは何ですか?

京都大学消化管外科では「患者さんに優しく、出血量の少なく、ていねいな手術」をモットーにしており、その代表が「腹腔鏡手術」です。我々の使用する…

続きを見る

直腸がんの手術の方法として腹腔鏡手術があると聞いたのですが、一体どんな手術なのでしょうか?今までの手術と何が違うのでしょうか?

「腹腔鏡」手術とは「開腹」手術に対する言葉です。従来、お腹を10-20cmほど「開腹」して手術を行っていたものを、お腹に5か所前後5-10m…

続きを見る

直腸がんの治療はどのようなものがありますか?

直腸がんの治療方法には主なものとして、①手術(摘出手術)、②抗がん剤治療、③放射線治療、などがあげられます。現時点で最もがんを治す力がつよい…

続きを見る

直腸がんと診断されましたが、肛門は残せないのでしょうか?(人工肛門・ストマになるのでしょうか?)

直腸がんで必ずストマになるわけではありません。ストマになるかどうかは、がんが「どのくらい肛門に近いか」や「どのくらい進んでいるか」、また患者…

続きを見る

大腸がんにはどんな手術方法がありますか?(直腸がんは他のページをご覧ください)

通常、大腸がんの手術では、「がんそのもの」と「がんが転移しやすいがん周辺のリンパ節」を切除します。がんのある部分とともに10-30cmの腸を…

続きを見る

大腸がんを手術で切除してもらいましたが、「治った」と考えてよいのでしょうか?

大腸がんが「治る」ということは、体の中からがん細胞が無くなってしまうことです。最もがんを治す力が大きいのは手術によってがんを取り除くことです…

続きを見る

page top