文字サイズ

診療内容

2.GISTの外科治療

当院では、症状の有無や、腫瘍の大きさで手術適応を決めています。
GISTには20-50mmであっても急速増大を示す場合もありますので、原則として20mmを超えるGISTの場合は手術をお勧めしています。

腹腔鏡下GIST切除

GIST診療ガイドラインでは、腹腔鏡下手術に手慣れた医師が行えば、20-50mmのGISTの方には安全に手術が行えるとされています。

GISTの治療上の特徴として、腫瘍の完全切除が可能であれば治癒率も高いことがわかっています。
このため、腫瘍からある程度の距離をとれれば、胃や腸の部分切除で十分とされていますが、腫瘍表面の偽皮膜を損傷すると再発の原因になってしまいます。
以上のことを踏まえて、私たちの施設では、適当と思われる患者さんには腹腔鏡下手術をお勧めしています。


1.はじめに

2.GISTの外科治療

3.再発・切除不能のGISTの治療

4.分子標的治療(イマチニブ、スニチニブなど)

5.GISTに対する臨床試験

page top