文字サイズ

診療内容

1.はじめに

GIST(gastrointestinal stromal tumor:ギスト)は、胃や腸(消化管)の壁に発生する腫瘍で、消化管間質腫瘍とも言われます。消化管の壁の筋肉の層にある、特殊な細胞(カハール介在細胞)が異常に増殖し、腫瘍となったものです
GISTは消化管のどこにでも生じますが、部位別では胃(60-70%)が圧倒的に多く、他に、小腸(25-30%)、十二指腸(5%)、直腸(5%)、結腸(1%)、腸間膜などにも見られます。
ただし、胃にできる悪性腫瘍の中ではGISTの占める割合は1-3%とされますので、それほど多い病気ではありません。
小腸のGISTは胃のGISTに比べて悪性度が高いとされています。
GISTの治療成績は図に示すように腫瘍の大きさと顕微鏡での細胞核の分裂数に大きく影響されます。
このためサイズと核分裂数を合わせたGISTのリスク分類が提唱されています。

GISTの治療成績(国立がんセンター公表データ)

腫瘍サイズ

5年生存率

核分裂数

5年生存率

<5cm

97%

<5/50HPF

95%

5-10cm

74%

5-10/50HPF

82%

10cm<

9%

10/50HPF<

35%

※顕微鏡400倍50視野=50HPF

GISTの腫瘍サイズと核分裂数に基づいた悪性度評価

リスク

腫瘍サイズ

核分裂数

10年間再発率

超低リスク

<2cm

<5/50HPF

0%程度

低リスク

2-5cm

<5/50HPF

2%程度

中リスク

5-10cm

<5/50HPF

10-20%程度

<5cm

6-10/50HPF

高リスク

関係なし

5/50HPF<

50%程度

10cm<

関係なし

5dm<

5/50HPF<


1.はじめに

2.GISTの外科治療

3.再発・切除不能のGISTの治療

4.分子標的治療(イマチニブ、スニチニブなど)

5.GISTに対する臨床試験

page top