文字サイズ

診療内容

食道アカラシアの症状と経過

食物がうまく胃内に入らず、食道内に停滞するために、つまり感を訴えることが多いです。病状が進行すると、たまった食物を嘔吐することもあります。
その症状が、精神的ストレスや冷水などで増悪することが食道アカラシアの特徴とされています。
食物の流れが悪いために、徐々に食道が拡張します。そのため、一時的に食事が入るようになったと思っても、実際には食道の中にたまっているだけで、次第に食道の拡張が著明となり、食道が蛇行し、最後には食事がとれなくなります。
また、食道癌の発生頻度が高いことも知られています。


食道と食道機能障害

食道アカラシアはどういう病気?

食道アカラシアの症状と経過

食道アカラシアの診断

食道アカラシアの外科治療

page top