文字サイズ

診療内容

食道アカラシアはどういう病気?

食道と胃のつなぎ目付近に、胃に入った食物が食道に逆流しないようにする機構があり、下部食道括約筋と呼ばれています。

▲クリックすると拡大図が見られます

口から食べた食物は、順次、食道の蠕動運動で胃へと運ばれていきますが、タイミングよく下部食道括約筋がゆるむことで、食物は胃へと流れ込みます。 食道アカラシアの患者さんにおいては、その括約筋の弛緩(ゆるむこと)が生じないために、うまく食物が胃に入らず、食道内に停滞してしまいます。
また、食道アカラシアでは、食道の蠕動運動の低下も認められます。 発症年齢は30歳代から50歳代が多いとされていますが、10歳代で発症することがあります。頻度は10万人あたりに1人とされています。

 

 


食道と食道機能障害

食道アカラシアはどういう病気?

食道アカラシアの症状と経過

食道アカラシアの診断

食道アカラシアの外科治療

page top