文字サイズ

診療内容

食道がんの治療実績

食道がんの治療は外科手術・内視鏡治療・放射線治療・抗がん剤治療と多岐にわたり、それぞれの専門家による治療が必要です。京大病院では、各科のスペシャリストが集まり、食道がん全症例を検討する食道がんユニットを2007年に開設して以降のべ1500人を超える食道がん患者さんの治療を行っています。下のグラフは、2007年以降、2011年までに京大病院で治療を行った343人の食道がん患者さんの治療成績(生存率)を進行度別に示したものです。
外科手術に関しては、胸腔鏡・腹腔鏡手術を食道がんに対して2005年に導入し、これまで約300例の手術を行ってきました。さらに、2012年より手術支援ロボットであるダヴィンチSを用いた食道切除を開始し、2017年に最新型のダヴィンチXiが京大病院に導入され、2018年より保険診療下でのロボット支援胸腔鏡手術を本格的に開始しています。

▲クリックすると拡大図が見られます

▲クリックすると拡大図が見られます


食道がんと言われたら

食道がんの治療実績

食道がんとは

食道がんの発生

食道がんの症状

食道がんの診断

食道がんの進行度

食道がんの治療

サルベージ手術について

胸腔鏡・腹腔鏡(手術支援ロボットを含む)を用いた内視鏡手術について

食道がんに対する臨床試験

page top