文字サイズ

診療内容

胃がんの術後化学療法

手術で癌が見た目には取りきれたと考えられても、リンパ節転移が高度な場合など再発のリスクが高いとき(具体的には進行度IIA~IIIC)には、再発率を下げる目的で抗がん剤治療を予防的に行います。 ティーエスワンという抗がん剤を1年間内服することにより、死亡リスクを約33%減少される効果が確認されています。


胃がんと言われたら

胃がんの治療実績

早期胃がんとは

胃がんの転移と診断

胃がんの進行度と治療法

胃がんの手術

胃がんの腹腔鏡手術

胃がんのロボット支援手術

胃がんの術前化学療法

胃がんの術後化学療法

切除不能胃がんの治療

胃がんに対する臨床試験

page top