文字サイズ

診療内容

胃がんの手術

胃癌に対する手術は、胃の切除と周辺リンパ節の切除とからなります。リンパ節は胃に近いところから1群、2群、 3群と分類されていますが、2群までのリンパ節を切除するのが胃がんの標準手術とされています。ただし、早期癌では2群の一部の切除を省略してもよいとされています。また、3群のリンパ節は予防的に切除しても治療効果が上がらないことが臨床試験により判明しています。
胃の切除範囲は、腫瘍が胃の中央部から出口(幽門)側に存在しているときには出口側の胃約4分の3程度を切除し、 入口(噴門)側を残すことができます。これを幽門側胃切除とよんでいます。胃がんは幽門側にできることのほうが多いので、幽門側胃切除はもっとも多く行われている手術です。胃がんの範囲がもっと噴門側に広がっている場合には、胃全摘術を行って胃を全部とることが必要になります。進行がんに対する胃全摘術の時には脾臓や膵臓の一部も一緒に切除することもあります。噴門に近いがんでも早期で比較的小さながんの場合は、噴門側を切除して幽門側を残す手術(噴門側胃切除)ができることがあります。
京大病院では、次項で説明する腹腔鏡手術の長所を考え、ここで説明したいずれの手術方法であっても腹腔鏡手術を第一選択とし、癌に対する治療効果をあげつつ、体にかける負担の少ない治療を心がけています。 進行胃がんやリンパ節転移の明らかな胃癌の場合でも、京大病院では腹腔鏡手術の臨床試験を行っており、これに参加して腹腔鏡手術を受けることができます。

幽門側胃切除(▲クリックで図を拡大できます)

 

胃全摘(▲クリックで図を拡大できます)

噴門側胃切除(▲クリックで図を拡大できます)

 

 

 

 


胃がんと言われたら

胃がんの治療実績

早期胃がんとは

胃がんの転移と診断

胃がんの進行度と治療法

胃がんの手術

胃がんの腹腔鏡手術

胃がんのロボット支援手術

胃がんの術前化学療法

胃がんの術後化学療法

切除不能胃がんの治療

胃がんに対する臨床試験

page top