文字サイズ

診療内容

大腸がんの手術治療

大腸がんの手術の原則は、がんを含めてある程度の長さの大腸と周辺の転移をしやすい部位にあるリンパ節を一緒に切除し、残った大腸同士をつなげ合わせることにより便の通り道をつくってあげることです。

後述する直腸がんで肛門の温存が難しい場合を除いては、通常残った腸管の端同士をつなぎ合わせて便の通り道を作ります(吻合と呼びます)。

▲クリックすると拡大図が見られます

▲クリックすると拡大図が見られます

一方、直腸がんの場合に、患者さんにとって大きな問題になるのが、「肛門を残すことができるかどうか」です。

当科では、がんが肛門に近い場合でも、抗がん剤や放射線治療などの手術以外の治療法を手術と組合わせたり、手術の方法を工夫することにより積極的に肛門を温存するように心がけています。

手術の方法としては、肛門を閉鎖する筋肉をできるだけ温存して手術を行ったり(括約筋間切除)、がんが比較的早期であれば肛門内や仙骨の横から切除する方法など、 があり、病気の状態に合わせて手術の方法を選びます。

当院で行うことができるロボット手術は特にこの肛門の周囲の手術において有用です。
しかし、がんが肛門を締める筋肉に食い込んでいる場合や腸をつなぎ合わせるのが危険な場合、人工肛門(ストマ)にならざるを得ない場合もあります。

また、がんが進行し近くにある臓器(前立腺、尿道、膀胱、子宮、膣、仙骨など)に食い込んでいる場合にはそれらの臓器も一括して切除せねばならないこともあります。

▲クリックすると拡大図が見られます

 


治療実績

大腸がんとは

大腸がんの症状

大腸がんの診断方法

大腸がんの進行の程度

がんがどのくらい深く潜っているか(深達度)

大腸がんの転移

大腸がんの治療方法

大腸カメラによる切除術(内視鏡的切除)

大腸がんの手術治療

腹腔鏡手術

抗がん剤治療(化学療法)

具体的な抗がん剤の内容について

放射線治療

大腸がん手術後の通院、経過観察について

再発した大腸がんの治療

大腸がんに対する臨床試験

page top