文字サイズ

診療内容

放射線治療

放射線治療も手術と同じく「当てた場所だけ」に対して効果がある治療です。ただし病変の周囲にある正常の組織に対しても悪影響を及ぼすので、副作用を最小限にしつつ最大限の治療効果が得られるように放射線のあて方を工夫して治療を行います。放射線治療の効果を上げる為に上述の抗がん剤治療を併用することもあります。放射線治療が主に行われるのは、骨盤内で直腸がんが進行している場合や骨盤内に再発した場合、あるいは骨に転移を来たした場合などです。


治療実績

大腸がんとは

大腸がんの症状

大腸がんの診断方法

大腸がんの進行の程度

がんがどのくらい深く潜っているか(深達度)

大腸がんの転移

大腸がんの治療方法

大腸カメラによる切除術(内視鏡的切除)

大腸がんの手術治療

腹腔鏡手術

抗がん剤治療(化学療法)

具体的な抗がん剤の内容について

放射線治療

大腸がん手術後の通院、経過観察について

再発した大腸がんの治療

大腸がんに対する臨床試験

page top