文字サイズ

診療内容

大腸がんの転移

がんが粘膜下層より深く浸潤すると、大腸壁内のリンパ管、血管にがん細胞が流出していき、転移を起こす可能性が出てきます。
がんの転移の仕方(パターン)には大きく分けてリンパ行性転移、血行性転移(肝転移、肺転移など)、腹膜転移(播種)の3種類があります。大腸癌ではリンパ節転移と肝転移が多いことが知られています。
①リンパ行性転移 がんがリンパ液の流れに乗ってリンパ節へ転移することです。
②血行性転移 がんが血液の流れに乗って肝臓、肺などの他の臓器に転移することです。
③腹膜転移(腹膜播種) がんが大腸壁の外側に顔を出すと、がん細胞がおなかの中にこぼれて腹膜に転移することがあります。


治療実績

大腸がんとは

大腸がんの症状

大腸がんの診断方法

大腸がんの進行の程度

がんがどのくらい深く潜っているか(深達度)

大腸がんの転移

大腸がんの治療方法

大腸カメラによる切除術(内視鏡的切除)

大腸がんの手術治療

腹腔鏡手術

抗がん剤治療(化学療法)

具体的な抗がん剤の内容について

放射線治療

大腸がん手術後の通院、経過観察について

再発した大腸がんの治療

大腸がんに対する臨床試験

page top