文字サイズ

診療内容

大腸がんの診断方法

大腸がんと診断するための検査、ならびにその進行の程度を知るための検査を解説します。治療に入る前にがんの正確な進行の程度を把握し適切な治療方針を立てることは最良の結果を得るために重要なことです。
(1) 大腸内視鏡検査(大腸カメラ)
 肛門から大腸ファイバーという内視鏡を挿入し、直接大腸の中を観察する検査です。あやしい病変があればその一部をつまみ取って「がん」かどうかを調べます。 大腸がんと診断するための最も重要な検査です。
(2) 注腸造影検査
 肛門からバリウムなどの造影剤と空気を注入してレントゲン写真を撮ります。大腸の全体像がわかるので、病変の大腸の中での位置の確認と病変によってどの程度大腸が狭くなっているかがわかります。
(3) 腫瘍マーカー
 血液検査で体に潜んでいるがんを診断する方法です。
  この検査のみで大腸がん、と診断することはできません。
 CEAとCA19-9と呼ばれるマーカーが一般的ですが、進行した大腸がんであっても約半数しか高値になりません。
 がんの転移・再発の指標や治療効果の判定のために補助的に用いられます。
(4) 画像診断(CT、MRI、超音波検査、FDG-PETなど)
 これらの検査は、大腸がんの進行の程度や肝臓や肺、リンパ節、腹膜、骨盤内に 転移や再発がないかどうかを調べるために行われます。
 FDG-PET検査は、血液中の腫瘍マーカーの値が高く、転移・再発が疑われるのにもかかわらず、CT、MRIなどの検査ではその場所が分からない場合に病巣を見つけ出すのに有用なことがあります。


治療実績

大腸がんとは

大腸がんの症状

大腸がんの診断方法

大腸がんの進行の程度

がんがどのくらい深く潜っているか(深達度)

大腸がんの転移

大腸がんの治療方法

大腸カメラによる切除術(内視鏡的切除)

大腸がんの手術治療

腹腔鏡手術

抗がん剤治療(化学療法)

具体的な抗がん剤の内容について

放射線治療

大腸がん手術後の通院、経過観察について

再発した大腸がんの治療

大腸がんに対する臨床試験

page top