文字サイズ

診療内容

大腸がんの症状

大腸がんの症状はがんのできた部位や進行の程度によって異なります。

S状結腸~直腸のがんでは、肛門に近く、便が固まってくるため、便に血が混じる、便が細くなる、便が残っている感じがする、下痢と便秘を繰り返すあるいは腹痛などの症状がみられます。
一方、肛門から離れた盲腸や上行結腸のがんでは、便はいまだ固まらず液状であるため、血便や便秘などの症状がでることは少なく、気付かないうちに少しずつ出血することによるふらつきや疲れやすいなどの貧血症状や、嘔吐・腹痛・腹部の張りなど腸閉塞症状、しこりの触知などが症状となることが多いです。
このような症状が出てきたときには、大腸がんである可能性を考え、下記のような検査を受けることが重要です。
しかし、このような症状が出現したときにはがんは比較的進行していることが多く、治療成績も悪くなります。早期の段階でがんを発見しようとするならば、定期的に健康診断で便潜血の検査を受けたり、人間ドックなどで大腸カメラや注腸検査(バリウム)を受けることが必要になります。


治療実績

大腸がんとは

大腸がんの症状

大腸がんの診断方法

大腸がんの進行の程度

がんがどのくらい深く潜っているか(深達度)

大腸がんの転移

大腸がんの治療方法

大腸カメラによる切除術(内視鏡的切除)

大腸がんの手術治療

腹腔鏡手術

抗がん剤治療(化学療法)

具体的な抗がん剤の内容について

放射線治療

大腸がん手術後の通院、経過観察について

再発した大腸がんの治療

大腸がんに対する臨床試験

page top