文字サイズ

診療内容

大腸がんとは

大腸は、盲腸から続いて上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸と続き、直腸から肛門へと至る、全長約2mの臓器です。

▲クリックすると拡大図が見られます


口から小腸までの間に消化吸収された残りの腸内容物を貯め、水分を吸収しながら大便にする働きがあります。
大腸がんは年々増加の傾向にあり、日本人にもっとも多い癌の一つです。60歳代に一番多く、次いで50歳代、70歳代の順です。
若い人に大腸がんが生じることがときにありますが、その場合、家族や血縁者の中にも多発することがあります
「大腸がんがどうしてできるのか」については、これまでに多くの研究がなされてきましたが、そのメカニズムは複雑ではっきりとした答えはまだ得られていません。
5%前後の大腸がんは遺伝が原因でできるとされていますが、食生活の欧米化、特に動物性脂肪や蛋白質の摂りすぎなどの環境的な要因の影響がより大きいと考えられています。
大腸がんになりやすい要因は、
①大腸にポリープがある
②血縁者に大腸がんにかかった人がいる
③潰瘍性大腸炎を長期間わずらっている
④難治性の痔瘻がある、などです。

 


治療実績

大腸がんとは

大腸がんの症状

大腸がんの診断方法

大腸がんの進行の程度

がんがどのくらい深く潜っているか(深達度)

大腸がんの転移

大腸がんの治療方法

大腸カメラによる切除術(内視鏡的切除)

大腸がんの手術治療

腹腔鏡手術

抗がん剤治療(化学療法)

具体的な抗がん剤の内容について

放射線治療

大腸がん手術後の通院、経過観察について

再発した大腸がんの治療

大腸がんに対する臨床試験

page top